血糖検査

糖負荷試験

75g糖負荷試験

目的

糖尿病の診断や糖代謝の異常を評価する検査です。

方法

まず食事をとっていない状態で採血を行い、採血後に75gブドウ糖水200mlを飲んで頂きます。
飲んで頂いてから決まった時間に採血を行い、血糖の経時変化をみます。
通常は、ブドウ糖水を飲む前と、飲んで頂いてから30分後、60分後、120分後に採血を行います。
<例>
75g糖負荷試験

検査前後の注意事項

  • 検査前日の午後9時から食事、飲み物をとらないでください。
  • 検査中、空腹により気分が悪くなる場合がありますので、その際はお申し出ください。

ページトップ

50g糖負荷試験

目的

妊娠糖尿病のスクリーニング検査です。
妊娠24週~26週の妊婦健診日に全妊婦さんに行います。

方法

食事の制限はありません。検査当日の朝食もお取りいただいて差支えありません。
来院されましたら、再来受付をした後、産婦人科外来にお越しください。
まず、産婦人科外来で50gブドウ糖水を飲んで頂きます。
飲んで頂いてから60分後に採血を行いますので、採血時間の10分前までに外来採血室にお越しください。
50g糖負荷試験

糖負荷試験で来院される方へ

<内科を受診の方>
来院されましたら、再来受付をした後、内科処置室にお越しください。
その後、外来採血室でお呼びしますので、外来採血室の外待合でお待ちください。
<産婦人科を受診の方>
来院されましたら、再来受付をした後、産婦人科外来にお越しください。
1回目の採血は産婦人科外来で行い、2回目からは外来採血室で行いますので、外来採血室にお越しください。

ページトップ

自己血糖測定(self monitering of blood glucose:SMBG)

目的

糖尿病診療において、血糖を患者さんご自身で測定し、血糖コントロールすることを目的としています。
・外来採血室で簡易血糖器の使用方法を説明しています。
使用機器についてご不明点があれば外来採血室にお声かけ下さい。

血糖自己測定

貸し出し機器一覧

貸し出し機器一覧

ページトップ

持続血糖測定(Continuous Glucose Monitoring : CGM)

目的

血糖を24時間持続的に測定します。インスリンや薬の評価、食事や運動の影響、就寝中の血糖の変動を観察することなどを目的としています。
血糖値の変化

方法

  • 検査は腹部等にセンサーとレコーダーを、測定期間中留置して行います。
  • 検査は原則として装着日、取り外し日をあわせて5日間行います。
  • CGM装着中は自己血糖測定(SMBG)を同時に実施して頂きます。
  • 装着および取り外しは外来採血室で行います。
  • 検査中は、入浴や運動なども可能です。普段通りの生活を送ってください。

CGMセンサー i Pro2

ページトップ