OD心電図

目的

起立性調節障害の評価に有用な検査です。

方法

安静時12誘導心電図を記録した後、手足に心電図電極をつけたまま、15分間起立して心電図を記録します。

検査所要時間

20~30分

検査前後の注意事項

  • 立ったままの姿勢で検査するため、ご気分が悪くなったり、めまい、立ちくらみを感じた場合はお申し出ください。そこで検査を中止することもあります。
  • 脱ぎ着のしやすい、上下分かれた服装でお越しください。

ページトップ