終夜睡眠時無呼吸検査

夜間睡眠中の呼吸の状態と睡眠の状態を調べる検査です。
外来で行う簡易型検査と、入院で行う精密検査(ポリソムノグラフィー)があります。

簡易型検査

自宅に検査機器を持ち帰り、睡眠中の呼吸の状態を一晩モニターする検査です。
検査機器をご自宅にお持ち帰りいただき、就寝前に装着をして検査が開始となり、翌朝起床後に検査が終了となります。
予約日当日(機器の貸出日)は直接肺機能室へお越しください。

機器の貸出時に、センサ-の装着方法と機器の使用方法をご説明いたします。(約20分)
終夜睡眠時無呼吸検査

検査のご注意

  • 装着して頂くバンドの長さを確認するため、必ずご本人が来院してください。
  • 爪にセンサーを装着して検査するため、ネイルアート(マニキュアなど)は外してください。
  • メンテナンス後、次の予約患者さんが使用しますので、機械は翌日の午前中(翌日が休みの場合は翌営業日)午前11時30分までに必ず検査室へご返却ください。休日の返却、郵送による返却は受け付けておりません。

精密検査(ポリソムノグラフィー検査)

入院をして行います。
午後7時頃から病室で検査機器を装着します。検査技師が約1時間半~2時間でセンサ-を装着します。

  • 鼻センサーで呼吸の流れといびきをみます。
  • 胸部と腹部バンドセンサーで呼吸運動をみます。
  • 指センサーで酸素濃度を簡易的に測ります。
  • 頭に脳波検査モニターをつけ、睡眠の深さをみます。
  • 心電図をつけます。
  • あごと足にセンサーをつけ、筋肉の動きをみます。

検査の際、センサーが外れないように固定をします。若干窮屈ではありますが、痛みや危険性はありません。
寝返りやトイレに起きることもできます。

ページトップ