神経機能検査

脳波検査

目的

脳から生じる電気的活動を頭皮上に置いた電極で記録し、脳の機能・はたらきを調べます。

方法

頭皮と耳朶などに20箇所ほどクリーム(水溶性)で小さな電極を装着し、測定します。

検査所要時間

30分~1時間程度です。場合によっては長くかかることもあります。

検査前後の注意事項

  • 頭皮に電極をつけますので検査前日にはなるべく洗髪し、髪油(ポマード、ワックス類)をつけないようにしてください。
  • 食事は通常通りで構いません。
  • 検査前の服薬は担当医の指示に従ってください。
  • 3~4歳以下のお子さんの場合、検査中自然に眠れるよう当日の朝は早めに起こしてください。また時間にゆとりをもって早めにお越しください。
  • 検査前はお手洗いを済ませてから来てください。
  • 検査終了後、頭のクリームを拭き取りますが、洗髪台等の設備はありません。

よくある質問

Q. 痛みはありますか?
A. 電気等が流れたりするわけではなく、痛みは全くありません。

Q. 検査時の格好で気をつけることはありますか?
A. 服などを脱ぐ必要はありません。腕時計やネックレスもつけたままで構いません。
頭皮と耳朶に電極を装着するので、ヘアゴム、ピン、イアリング、ピアス等ははずしていただきます。

ページトップ

反復睡眠潜時検査(MSLT)

目的

日中の眠気や入眠状態を評価します。

方法

脳波や筋電図、呼吸のセンサーを装着し、2時間ごとに5回、入眠する様子を記録します。

検査所要時間

8時40分~17時30分頃までです。2時間ごとに5回(1回につき20~30分程度)測定し、昼食時を除き空き時間も検査室で待機していただきます。

検査前後の注意事項

  • 検査前の服薬は担当医の指示に従ってください。
  • 検査施行の一週間前から「睡眠日誌」を記録していただき、検査当日に検査室に提出してください。
  • 検査待ち時間に覚醒を維持するため、可能であれば付き添いの方に来てもらってください。
  • 検査当日は過度な運動は避け、アルコールやカフェイン含有飲料を摂取しないようにしてください。

ページトップ

筋電図検査【神経伝導検査/針筋電図】

目的

神経や筋肉の状態を評価し、障害部位や障害の程度を調べます。

方法

神経伝導検査は、末梢神経を体表から電気刺激し、皮膚上に貼った電極から導出される波形を解析します。
針筋電図は、筋肉に針を刺し、安静時および力を入れて頂いた場合の筋肉の反応を見ます。

検査所要時間

30分~1時間程度です。

検査前後の注意事項

  • 検査当日は腕(肘上)や足(膝上)を出しやすい服装で来てください。
  • 心ペースメーカーを使用している場合や、抗血栓薬(ワーファリン等)を服薬している場合は検査前に申し出てください。

よくある質問

Q. 痛みはありますか?
A. 神経伝導検査は神経を電気で刺激するので、電気刺激のマッサージのような感じです。針筋電図は筋肉に針(採血の針より細い)を刺します。針からは電気が流れるわけではありません。感じ方は人により違いますが、どちらも多少痛みを伴います。

Q. 針を刺した部分は検査後どうしたらいいですか?
A. 針を刺してもほとんど出血はなく、入浴等いつも通りに過ごしてもらって問題ありません。

ページトップ

脳誘発電位検査【体性感覚誘発電位検査(SEP)/聴性脳幹反応検査(ABR)】

目的

SEPは、末梢神経、脊髄、脳を通る感覚神経のどこに機能障害が存在するかを調べます。
ABRは、耳から音刺激を与え、その刺激が聴神経や脳幹までうまく伝わっているかを調べます。

方法

SEPは、頭、首、肩、腰、背中などに電極を装着してベッドに仰向けに寝ていただき、上肢の場合は手首、下肢の場合は足首に繰り返し電気刺激を与えて反応を記録します。
ABRは、頭と耳朶に電極を装着してベッドに仰向けに寝ていただき、ヘッドホンで「カチカチ」というクリック音の刺激を与えます。聴力検査と違ってボタンを押すなどの操作はありませんので、検査中は眠ってしまって構いません。

検査所要時間

SEPで約1時間、ABRで約30分です。場合によっては長くかかる可能性があります。

よくある質問

Q. 痛みはありますか?
A. SEPは末梢神経を電気で刺激するので、多少の違和感や不快感を伴います。しかし、それほど強い刺激ではないので検査中に刺激に慣れることが多く、人によっては眠れる場合もあります。ABRは、痛み等はまったくありません。

Q. 上肢と下肢のSEPを同じ日に検査することはできますか?
A. SEPは検査時間が長めで、痛みを感じる場合もあるため、上肢と下肢の両方を行う場合はできるだけ別の日に施行します。

ページトップ